FC2ブログ

2020.09
08
10


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME>  TotalPages14 next

更に続く沼

Wed



 阿呆男(私ですが)の嵌まった沼の続き。

 特別期やらで、購入した店のポイントが多目に付いた。
約6万円! 有効期間は2年間だという。
まぁ同じ系列内の他の商品にも使えるらしいが、
この際、フィルムとデジタルで使い分けるべく、ボディを買ってみる?
などと思い巡らしてみたが、慌てる事も無いのよねぇ。

....と云っていながら、
写真右手のレンズが!
「が!」じゃぁ無いんだけどさ...。

きっと罠に違いない。きっとそうだ。
だって今まで無かったのに、急に現れたもの。

最初に買ったのが左のDistagon C 50mm/f4
「*」の付かない銀レンズ。
逆光に弱いけど、良い写りだと思う。格好も良いねぇ。
 (本稿の「散策装置〜何故かいつもの空模様」の写真がそれだ。)
でも、持っている他のレンズが「CF」レンズで、
操作はそちらの方がしやすいんだな。

 で、銀色レンズが高価買い取り期間!などというので
(これまた罠に違いないんだが)
下取りにして黒に買い換えようとしたのだ。

ポイント!?
そう、ポイントでほぼ賄える!

....またポチってしまった。
罠にはまった阿呆男が更に沼にはまっていくのだ。
この最近の動向(?)は、追々本稿の方に書いていきます。

 下取り特典が付かなくなってしまったとわいえ、
このレンズ以外もボチボチと手放して、少しでも予算に還元しなくてはね。
オークションとかやってみれば良いんだろうけれど、
ボチボチ仕事が立て込んでくるので、その後の暇々期に考えるのだ。




スポンサーサイト



やっちまったなぁ沼

Sun

此処ではなくて、
いつも本稿「往来眺眼装置」にてボヤキ続けている私ですが、
そこでの辛気臭いボヤキと溜息の中、
ついつい色々なモノをポチポチしてしまい、
請求金額が通達される度に背筋をヒンヤリとしたものが伝うわけです。

そこでつい先日も、北海道は斜里町のお店から、
いつもとは違う白黒フィルムを纏め買いをし、
ソロリソロリと持ち出し始めてみるんだからね!
なんて意気込みを自分にしていたワケなのだ。

ハッセルのマガジンも購入したままなので、
1度メンテに出した方が良いだろうなぁと思いながら
なんとなくネットショップをついつい見てしまったのがイケない。
この前のムック本と云い、暫くそういうモノから遠ざかっていたのに。

60回払いって何年?
無利子で良いの?
月1万か....。

.....押してしまったの。
ま、M9もそんな感じで買ってたしな。
ふんふん😰

ちょい前においそれとは手に出来ないと云ってた癖に、
中古とはいえ、デジタルバックがやって来た。
で、これって電池は付いてないんだって事を知らなくて、
しかも薄めのモノは代替え商品しかなくて、
まだアタフタしている今日この頃。

ま、良いんだ。
いざとなったら諦めて手放すからな。

そういって自分を誤魔化してみる私。



ハッセルブラッドの沼


上がったり下がったり

Thu

長いです。

 昔話なのですけど、大昔じゃない話。
「新宿西口・駅の前〜」などという店は、
すっかり電気&何でも屋さんだけど、ホントに「カメラ屋」だった。
だからワンフロアー全面が、フイルムと現像用品で埋もれていたのに、
今フイルムは、レジ脇に煙草でも置いてあるのかと思う様な扱いで哀しくなる。
プロからしてすっかりデジタル化してしまったしね。
当たり前だけど、仕事なんだからね。

このまま何時か終了〜になるのも仕方ないのかな?
と思うのだけれど、レコードもカセットテープも辛うじて残っているのを見ると、
きっとマニアックな方々はまだまだ居てくれて、
お金と手間暇は掛かるけれど、細々とながら続けていけるのかしらね?

アップダウン

 で、やっと写真に繋がるのだけれど、まず左の本。
最初にハッセルに手を出した2003年時に丁度発売されていたムック本。
まだまだネットも今程便利で快適じゃ無かったから、かなり参考になった。
値段を見たら¥1,500円。まぁそんなモノでしょ?
と、思ってたら、ネットで本など探してた時にこれが出てきて、
「?!」となったよ。「あれ、これワタクシも持ってるな〜」なんて呆けてたけど。
壱万円位の値が付いていて吃驚しましたよ。
...う〜ん、持ってるから云うけど、
「そこまで出して買うモノか?」 という処ですけどね。

次に右にあるコンタックスのT3。
これは丁度10年位前に中古で購入した。
その時既に生産中止になっていたので、
3台あるうちの一番良かろうモノを購入。¥70.000位だったと思う。
これも店によるのだけれど、綺麗なモノは倍以上になっている。
原宿にある小洒落た某店なんて、¥200,000ですってよ。

確かに良く写るけれど、これを今更その値段で買うのか? と云うと躊躇する。
更に10年経ってしまっている電気で動くカメラだよ?


 いや〜でもさ、それでも購入する人々と云うのは、
そこまでして銀塩で撮る事に楽しみや生きがいを見いだしてくれてるんだよ。
趣味性やこだわりを否定するワケにはいかないし、
かく言うワタクシも突っ込まれどころ満載だしなぁ。

 上がった自慢かよと思ったところでの最後ですが、
最初のハッセル(500C/M)は直ぐに手放して、中古のM6Classicを買ったんだった。
で、まぁたハッセルが欲しくなって買ったのが写ってる503cx。
503は他と比べて安いし、そんなに綺麗で無くて良いと言う事でこれにしたのだ。

判る人には判りますが、ポラパックが付いてますね?
ポラロイド写真が撮れるという、...デジタル時代では今更なのだけれど。
これ、前のビューファインダーNC2では
(今は無き、購入店のHPでは出来ると書いてあったのに)付けられなかった。
PME-45だと付けられましたよ。
じゃぁポラ写真を撮る?
となると、10枚撮りのフィルムが¥15,000とか書いてあるんですよ!
1枚¥1,500のインスタント写真?
アレ、数年前から逆輸入になっていたとは云え、5パック5千円位じゃ無かった?
...我が家に、未使用・賞味期限切れのが2パック残っている。
ちゃちゃっと撮って、このポラパックを売ってしまおう!と思ったら、
これは流石に十分の壱の¥1,000台からになってしまってました。
そりゃそうだよね、流石に。


病は気から...じゃないんだよ

Tue

201605_kyoto_027_500.jpg

この先本当にどうなるか判らないのだけれど、
取りあえず出来る事は大人しくしている事だけ。
ワイドショーとか見て煽られてちゃ駄目だよね。
あれは、「ショー」であって、報道じゃないもの...。

やる事もないし、天気も急に悪くなったりしたので、
久々にワタクシ的装置の話を本稿にボヤキましたが、
それで撮った写真が無いので、こちらに上げてみた。
尚更誰も見ない気がするけれど。

そしてソロリソロリと税務署まで確定申告書類を提出に。
並びたくなかったので、投函準備もしてたのだけれど、閉店(間際)ガラガラ。

受付のお兄さんに聞くと、
「今年は延長したので、今の処は空いていますが、
 これからまとまってどっと来るかも知れませんね。」
との事なのであった。

松本な人

Sun

松本フラフラ

 数日だけの松本出張だった。
かなり冷え込んだけれど、相変わらずのホテル⇔勤務先なので、
寒いと云っている間もなく過ごしていた。

あくまで「仕事」で来ているので、
これといって観光出来るわけでもなく、
少し長めの休憩時間にカメラを下げて近所を一周。
私的定番の赤ポストを見つけて、
これも相変わらずの写真なのだな。