FC2ブログ

2020.05
04
06


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>徘徊男(category)  TotalPages2 next

松本な人

Sun

松本フラフラ

 数日だけの松本出張だった。
かなり冷え込んだけれど、相変わらずのホテル⇔勤務先なので、
寒いと云っている間もなく過ごしていた。

あくまで「仕事」で来ているので、
これといって観光出来るわけでもなく、
少し長めの休憩時間にカメラを下げて近所を一周。
私的定番の赤ポストを見つけて、
これも相変わらずの写真なのだな。
スポンサーサイト



ご覧あれが....外れ男

Sun

縄文ドキドキ

 珍しいくらい久し振りの東北出張だった。
これまた珍しく、その日にバスに乗せられず、
翌日は次の場所への移動のみと云う日があった。
なので、やはり....。
という感じで北の岬を目指してしまったのだった。

残念ながら、最終日は新幹線使えば帰れるんでしょ?
と云う事で、容赦無しの帰京になってしまったのだが、
それでもなんだか良い期間だった。

 まぁ、アホアホ状態で
「山寺・十数年振り、4回目の訪問」
「竜飛崎・十数年振り、7回目の訪問」
となりました。

 写真は、そんな私が彷徨っている時には無かった、
「新青森駅」
での赤いヤツ!



盛岡、再び

Fri

盛岡にて

仕事で、そして私的にも、
気づいて見ればかなり久し振りな街
「盛岡」を訪れた。

今回は仕事で来たので、
またホテルと職場の往復だけなわけだが、
最終日は移動だけの日となったので、
少しブラブラしてから帰ろう...。

ところが、思ったよりも疲労が溜まってしまっていて、
朝はなかなか起きられず、
レンタカーを借りるお金も時間も無く、
まぁ、本当に街を2時間半ほど歩いていただけだったのね。

撮影にも全然集中できないし、
デジカメは途中でバッテリー切れ、
という恥ずかしい状態にも陥る始末。

なんだか本当に気乗りしないままフラフラ歩く、
髪の毛ボサボサ男の盛岡再訪なのであった。

で、写真はiPhoneで撮ったモノなのだぁ。

大阪の空の下_新しく手にした古いカメラ_その壱

Tue

大阪の空の下


一旦は手放したハッセルブラッド Vシリーズ。
以前持っていたものは恐らく500C/MにA-12マガジンとCF80mm/f2.8だった筈。
どのお店で買ったのかも覚えていないし、
全く使いこなせずにフィルム現像すらしない様な状況で手放したのだった。

でもさ、その時に買ったムック本だけは残っていて、何時かはまた . . . 。
なんてな事を考えてはいたのだけれど、
やはりキチンと情報収集アンド予備勉強は必要ですね。
実用的じゃないものって結局使いこなせなくて手放してるし、
無駄になってしまったぁ!
と云うモノもあるのに。

今回もちょこちょことそんなミステイク有りきなのだったけれど、
インターネットで、調べるのが手っ取り早くなったのは非常に有り難い。
何で先に確認せんのじゃぁ〜! 
というのもまだまだやってしまうのですが、
ボディー・マガジン・レンズ・ファインダーと
バラバラに寄せ集めて組み合わせてみた今回の500CXは、
一応実用的な働きをしてくれているのでした。

唯一と言えるデジタル「M9」が修理中なのもあって、
銀塩ライカではなく銀塩ハッセルしているのだけれど、
以前の様にじっくりと写真を撮りつつの旅に出たくなる、そんなカメラ。
まぁ、結局は今の処は出張先の徘徊と子供写真限定状態なのだけどね。

大阪で昨秋に撮った写真を今頃上げてみた。
C50mmレンズ。
逆光にやや弱いみたいだけれど、季節的にマッチしていたと感じた写真。


さむいぞう

Wed

さむいぞう

 嫁と倅と嫁友達とそのご子息との5人で、
月曜のドンヨリ雲の下、車で20分程の動物園へ下見を兼ねての探索。
人少なし。
しかも今にも雨が降りそうな空模様で寒い。

 動物も低温の為か動きが緩慢だったり、展示(?)されてなかったり。
この動物園、開園してまもなくにも来た事あるのだけれど、
その時も今回も虎が見られず。トンと虎には縁がないらしい。
オカンは寅年産まれだが...。

 制限時間も決まっていたので、
「また暖かくなったら来よう」
と云う事で簡単に廻って帰ったのだが、象さん見ただけでも楽しかった様だ。
しかし、南国生まれのあの人達もこの寒空の中大変だわ。
中の人ご苦労さん。
あ、中には人は居ないの?

 さむいぞ。色々。

 深夜から雪が降りました。