FC2ブログ

2018.10
09
11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>家族旅行(category)  TotalPages2 next

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原の老騎士

Wed

高原の老騎士

 ここ二年程の夏の帰省は、奥さんの仕事も絡めて帰っていましたが、
そこからお出掛けするのも、子供達の事を考えると何処に行こうか悩むところ...。

 一日は、仕事がらみの場所に行く前に、とある城址脇の遊園地へ。
オジサン・オバサン係員が運営している小さな遊園地。
城址側は過去によく訪れていたけれど、
その時はワタクシ一人だったので、存在は知っていても訪れていなかった場所。

 お盆の連休中で、城址やその脇の蕎麦屋さんには沢山観光客が訪れているけれど、
遊園地は小さい子供連れの方々しか来ないので、とても平和。
 (お盆の連休中でこの平和さ。 
    維持するのは大変そうですが...。)
入園料は要らないので、乗り物券200円を乗りたい分だけ購入すればOK。
「楽しかった」
との事で良かった良かった。

 次の日は、奥さんの実家から見えてる山の上の高原に。
ここの駐車場はかなりな混雑振り。
そして生憎の雨模様。
ちょっとこちらは子供向きでは無かったみたい...。

最後に温泉に浸かって帰って来ました。
そんなお盆の帰省でした。



スポンサーサイト

続けて那須方面にて

Thu


那須サファリパーク

いつも二駅ほど先にある写真店まで、銀塩フィルム現像をお願いに行っているのだが、
C-41処理の120ブローニーフィルムまで外部送りになってしまった様で、
その日中の処理が出来なくなり、結構面倒になってしまった。ヽ( ´_`)丿

まぁ、今更な銀塩使いをしているので、
「あぁ、まぁ良いですよ〜」
と、預けてきた。

全然パシャパシャドンドン撮影出来ないので、
気分の割りには本数も無いし、何がなんでも直ぐに欲しい!
と言うわけでも無かったので...。
でもなぁ、忙しくなってきた時に、受け取りに行くのやら、スキャン処理の手間やら面倒だ。

調べてみたら、車で二倍掛かるのだけれど、その日の内に処理してくれる店を見つけられた。
ちょっと遠くなってしまうし、二駅先のお店を気に入ってたんだけど、
今度は新たな店に伺ってみよう。

 写真はiPhoneで撮った先日UPした旅行の時のモノ。
Web上で見る限りは時間と云い、経費と云い、手間と云い、
携帯で充分だとは解っているんだけどねぇ。
質を求めるならデジタルMが在るわけだし。

う〜ん...。
銀塩から写真を始めちゃった、銀塩カメラを未だ持っている&
更には何やら購入してしまう者の性(さが)なのだろうねぇ。



歴史的国境線

Thu

これより奧州


 春先のまだ肌寒く、更に薄曇りの日の写真なのだ。

私に影響を受けたのだろう息子は、一時期
「平泉に行きたい」
などと言っていた。
勿論、彼の頭の中では源平の世の、奥州藤原氏のイメージなのだろう。
現実的には「つわものどもが夢の跡」なのだけれど。
でもまぁ、金色堂だけでも見られれば納得するのだろうなぁ。

今年の夏はこやつを連れ出して、数年ぶりのキャンプ旅...、
まぁ、平泉なども含めて二泊三日くらいを考えていたのだが、
私の低収入に比例して必死で働く奥様に、
下の娘を押しつけてまで遊びにはいけず、
結局機会を失ってしまったのだった。

てなことで春先の家族旅行で那須辺りを一泊二日して、
無理矢理白河古関越えのコースを通ったときの写真が、これ。

「平泉に...。」
の息子は、案の定、なんだか解らない山道を走り、一人興奮している父親に只々戸惑うばかり。
でもなぁ、平泉に行くには、こういう場所を楽しめないと駄目なんだぞ。
と、心の中で囁く変な父親なのだった。

「のこぎりやま」と読むんだよ_「鋸山」散策

Sat

鋸山

子供が小学生になってからは平日旅行がしづらいので、
人混み嫌いな私は、
「子供の為」
と思い込まないと、何処にも出かけられない(ーー;)。

でも、先週の日曜日(3/12)は、
なんとか子供を2人引き連れて対岸の房総半島をちょっとだけ散策。

アクアラインが事故で渋滞していたり、
駐車するのに時間が掛かったけれど、30分程の遅れで昼前には到着。
ロープウェイ駅もそこそこ並んでいたけれど、結構早々と乗れた。

全部観て廻わるのは下の4歳児にはツライので、
簡単なコースを往復して下りてきたら、
「昼ご飯食べてから来ました」的な駅の行列と駐車待ち車列。
やはり昼食時に来るのが良い読みだったのだ。

帰りはフェリーでと思ったけれど、子供2人の
「乗らない。」
の声で再びアクアライン経由。
軽い渋滞をすり抜けて、あっさりとした散策は終了。
彼らは面白かったんだか、面白くなかったんだか...。

<追記>
この標高300m程の山で、
この前日(3/11)に登山した方が、既に遭難していたという。
普通に麓から登ってこられてる方も沢山いたけれど、
捜索していると云う事も無く、全く穏やかな日曜だったので、
そのニュースを知ったときには結構驚いた。
簡単だと思っても、本当に気をつけないといけませんね。
なくなられた方。ご冥福をお祈りします。

2016年になってる!...本稿も更新してみた。

Tue

2016a.jpg

 ちょっと恥ずかしい話なんだろうかなぁ?
でも、別にさ、ホントに恥ずかしいと思った事ないから、
平然と主張しちゃったんだけど、
今まで一度もスキーに行った事がなかったわけ。
膝悪いし。
アイススケート・ローラースケートは滑れなくもない。
スケートボードも乗れるっちゃ乗れる。
で、本年早々、暇々人だった私は
友人家族共々に行ってしまったわけですよ。

. . . 結果は車の運転手と、子守でしたね。
まぁ、雪だるまなんか作っちゃったりしてね。

ええと、写真の雪だるまは、
他の方の力作なんですけどね。

ブログは3年もほったらかしてたんだなぁ。
ある事さえ忘れていた。
普通はこちらのほうをマメにやるんでしょうけれどね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。