FC2ブログ

2020.02
01
03


1234567891011121314151617181920212223242526272829
HOME>  TotalPages13 prev next

高原の老騎士

Wed

高原の老騎士

 ここ二年程の夏の帰省は、奥さんの仕事も絡めて帰っていましたが、
そこからお出掛けするのも、子供達の事を考えると何処に行こうか悩むところ...。

 一日は、仕事がらみの場所に行く前に、とある城址脇の遊園地へ。
オジサン・オバサン係員が運営している小さな遊園地。
城址側は過去によく訪れていたけれど、
その時はワタクシ一人だったので、存在は知っていても訪れていなかった場所。

 お盆の連休中で、城址やその脇の蕎麦屋さんには沢山観光客が訪れているけれど、
遊園地は小さい子供連れの方々しか来ないので、とても平和。
 (お盆の連休中でこの平和さ。 
    維持するのは大変そうですが...。)
入園料は要らないので、乗り物券200円を乗りたい分だけ購入すればOK。
「楽しかった」
との事で良かった良かった。

 次の日は、奥さんの実家から見えてる山の上の高原に。
ここの駐車場はかなりな混雑振り。
そして生憎の雨模様。
ちょっとこちらは子供向きでは無かったみたい...。

最後に温泉に浸かって帰って来ました。
そんなお盆の帰省でした。



在・大阪○○

Tue

奈良にて

2週間ほどの大阪滞在で、今日は唯一の休日だったのだが、
深夜のサッカー中継なぞ見ていて早起きもせず....。

一応寝る前にカメラのバッテリー充電もしたのだけれど、
何か静かな所に行きたいのよねワタクシ。
と考えていた場所は、
現在秘宝公開だとか、今日3日は市が立つ日だとかで、こりゃ混雑必至?
まして台風の接近の影響もあってなんだかモワッと暑いなぁ。
そんな言い訳(誰に?)を考えて部屋に閉じこもって終わり。
パスポート忘れてるからウロウロしてるとヤバイしな。
お祖父ちゃんドイツ人だし。
あ、パスポート要らないんですか?

ま、そんなつまらん1日でした。
仕事で来てるんだからね。一応。

全然写真は関係なかったが、
ワーッと煩い所にわざわざ行きたくないので、
静かな所のイメージ写真なのです。

あけましておめでとうございます。

Mon

2018年年賀状

あけましておめでとうございます。

今年もなんだかダラダラ・ボチボチとやります。
みなさんも良い1年が送れます様。
ダラダラながら祈ってみます。

年が明けて、漸く「暇人」から解放されましたが、
暫しネタが無いので、あんまり更新はしません。

古い写真のネガを整理したりしてます。

インスタ映えは決してしない写真ばかり...。
そんな感じで今年も始まり始まり。

盛岡、再び

Fri

盛岡にて

仕事で、そして私的にも、
気づいて見ればかなり久し振りな街
「盛岡」を訪れた。

今回は仕事で来たので、
またホテルと職場の往復だけなわけだが、
最終日は移動だけの日となったので、
少しブラブラしてから帰ろう...。

ところが、思ったよりも疲労が溜まってしまっていて、
朝はなかなか起きられず、
レンタカーを借りるお金も時間も無く、
まぁ、本当に街を2時間半ほど歩いていただけだったのね。

撮影にも全然集中できないし、
デジカメは途中でバッテリー切れ、
という恥ずかしい状態にも陥る始末。

なんだか本当に気乗りしないままフラフラ歩く、
髪の毛ボサボサ男の盛岡再訪なのであった。

で、写真はiPhoneで撮ったモノなのだぁ。

続けて那須方面にて

Thu


那須サファリパーク

いつも二駅ほど先にある写真店まで、銀塩フィルム現像をお願いに行っているのだが、
C-41処理の120ブローニーフィルムまで外部送りになってしまった様で、
その日中の処理が出来なくなり、結構面倒になってしまった。ヽ( ´_`)丿

まぁ、今更な銀塩使いをしているので、
「あぁ、まぁ良いですよ〜」
と、預けてきた。

全然パシャパシャドンドン撮影出来ないので、
気分の割りには本数も無いし、何がなんでも直ぐに欲しい!
と言うわけでも無かったので...。
でもなぁ、忙しくなってきた時に、受け取りに行くのやら、スキャン処理の手間やら面倒だ。

調べてみたら、車で二倍掛かるのだけれど、その日の内に処理してくれる店を見つけられた。
ちょっと遠くなってしまうし、二駅先のお店を気に入ってたんだけど、
今度は新たな店に伺ってみよう。

 写真はiPhoneで撮った先日UPした旅行の時のモノ。
Web上で見る限りは時間と云い、経費と云い、手間と云い、
携帯で充分だとは解っているんだけどねぇ。
質を求めるならデジタルMが在るわけだし。

う〜ん...。
銀塩から写真を始めちゃった、銀塩カメラを未だ持っている&
更には何やら購入してしまう者の性(さが)なのだろうねぇ。